福井県福井市の【啓新高校サッカー部】の公式ホームページです

【公式】啓新高等学校サッカー部ホームページ

チーム紹介

チームについて

啓新高校サッカー部は、1998年に創部されました。サッカー部は、高校総体準優勝・全国高校サッカー選手権大会福井県予選準優勝・新人大会優勝・北信越プリンスリーグ参戦などの実績があり、卒業後も大学サッカーで活躍する選手、地域社会に貢献する卒業生を多く輩出しています。

『ボールを失わずに速く攻める』を合言葉に、テンポの良いパスワークで、人とボールが連動する攻撃的なサッカーを目指しています。これは、監督の名古屋グランパス時代の恩師アーセン=ヴェンゲルの考えによるものです。

日頃の練習では、技術の向上、戦術理解、チーム内での自身の役割を理解し、選手として高いレベルを目指します。さらに、本校では学業に精一杯取り組むこと、基本的生活習慣の確立にも力を入れています。サッカーを通じて『文武両道を実践・人間性を磨く・感謝の心を持つ』この3つを柱にこの先の多様な社会に適応出来る人材を育成すること目的に活動しています。

学校紹介

1962年(昭和37年)、福井女子高等学校として創立されました。そして、1998年(平成10年)、現在の校名である啓新高等学校として改称し男女共学となりました。

生徒数約900名、普通科・調理科・情報商業科・ファッションデザイン科の4学科編成であり、普通科は特別進学コース・進学コース・普通コース・アスリートコースの4コース編成です。

サッカー部は進学コースのみの募集となっています。

チーム理念

  • 文武両道

    サッカーで上のレベルを目指すのは、競技スポーツをする者として当然であるが、学生の本分は学業である。

    将来の選択肢を多く持つことが出来るよう、普段の授業を大切にし、志望校合格を目指す。

  • 人間性を磨く

    挨拶・返事の励行。

    サッカー・私生活を通して、自ら考え、必要なコミュニケーションを取ること。
    人の言葉を素直に受け入れる柔軟性・協調性を身につける。

  • 感謝の心

    自分の親・仲間・支えてくれる方々への感謝の気持ちを持ち続けること。
    置かれた環境で、精一杯努力し続けること。

過去の成績

令和3年度福井県ユースリーグ1部 3位
福井県ユースリーグ4部 2位 3部リーグ昇格
インターハイ福井県予選 ベスト8 vs北陸 0-0 PK4-5
高校サッカー選手権大会福井県予選 ベスト8 vs北陸 1-2
新人戦 3位 vs丸岡 1-2 延長
令和2年度福井県ユースリーグ1部
インターハイ福井県予選 中止
高校サッカー選手権大会福井県予選 ベスト16 vs福井商業 2-2 PK2-4
新人戦 ベスト16 vs丸岡 0-1
令和元年度福井県ユースリーグ1部 昇格
インターハイ福井県予選 1回戦 vs敦賀気比 1-2
高校サッカー選手権大会福井県予選 ベスト8 vs北陸 1-6
新人戦 準優勝 vs丸岡 2-4
平成30年度インターハイ福井県予選 ベスト8
新人戦 ベスト8
平成29年度福井県ユースリーグ1部 6位
高校サッカー選手権大会福井県予選 ベスト8
平成28年度福井県ユースリーグ1部 5位
高校サッカー選手権大会福井県予選 3位
平成27年度福井県ユースリーグ2部 総合優勝(1部昇格)
新人戦 3位
平成26年度高校サッカー選手権大会福井県予選 3位
平成25年度インターハイ福井県予選 ベスト8
高校サッカー選手権大会福井県予選 3位
新人戦 ベスト8
平成24年度インターハイ福井県予選 3位
新人戦 ベスト8
平成23年度福井県ユースリーグ1部 前期・優勝 総合・準優勝
高校サッカー選手権大会福井県予選 3位
平成22年度北信越プリンスリーグ 7位
インターハイ福井県予選 3位
高校サッカー選手権大会福井県予選 準優勝

卒業生進路一覧

指定校推薦、スポーツ推薦、公募推薦、AO入試、就職、それぞれの希望に合う進路を選択できます。指定校も豊富にあります。

国公立大学富山大学、金沢大学、大阪教育大学、成美大学、岐阜大学、福井県立大学
私立大学同志社大学、関西学院大学、関西国際大学、京都産業大学、大阪経済大学、大阪学院大学、大阪産業大学、専修大学、日本大学、東京農業大学、国士舘大学、東京国際大学、作新学院大学、東海学園大学、浜松大学、愛知学泉大学、名古屋商科大学、金沢星稜大学、金沢工業大学など

ユニフォーム

ユニフォームシャツパンツソックス
フィールド(1st) グレー グレー グレー
フィールド(2nd) グリーン グリーン グリーン
キーパー(1st) 水色 水色 水色
キーパー(2nd) イエロー イエロー イエロー